酵素ドリンクの効果的な飲み方と得られる効果を紹介します

酵素には、消化酵素と代謝酵素の2種類が存在しており、この2つの酵素をうまく体内に取り入れることでダイエット効果を発揮します。

そしてその中でも特に大切なのが消化酵素です。

その消化酵素を効果的に得るための飲み方と効果について紹介します。

酵素ドリンクの効果を得るには空腹時に飲むことが大事
胃が空っぽの状態で酵素ドリンクを飲むと、吸収率が上がります。

その中でも特に朝食時に取ることをオススメします。

その際に注意して欲しいのが、酵素を飲む前に歯磨きをしてください。

酵素は細菌の影響を受けやすいため、寝起きで口の中に細菌が溜まっている状態で酵素ドリンクを飲んでしまうと、せっかくの酵素が死んでしまいます。

ですので、歯磨き後に飲みましょう。

そして、朝食を取るという方は朝食を取る30分ほど前に酵素ドリンクを飲んで、何か食べ物を胃に入れる前に酵素を体内に取り入れましょう。

寝る前に飲むのも実は効果的

先ほど酵素には消化酵素と代謝酵素があると紹介しました。

朝食前の胃が空っぽな状態で酵素ドリンクを飲むと胃を休ませることで、胃の消化する力を高める効果を高めていたのですが、寝る前に取るとまた違った効果を発揮してくれます。

それは、食べたものをより早く消化してくれます。

胃に溜まった食べ物は通常3時間で消化され、食べるものにもよりますが便として排出されるまでに12時間から24時間かかります。

酵素ドリンクを飲むと通常より早く消化されます。

そして消化で余った酵素は代謝酵素に変わり、ダイエットに繋がります。

ただし、夕食後すぐに酵素ドリンクを飲むのではなく、就寝前もしくは食後3時間を開けて飲むようにしましょう。

その方が、消化酵素を使う量が減り、酵素ドリンクで取った酵素を代謝酵素として利用できます。

酵素ドリンクを効果的に飲むには、朝起きて食事を取る前と夕食後3時間後、特に寝る前がオススメです。

ただし注意してほしいのが、食事と一緒に酵素ドリンクを飲むとカロリーオーバーになってしまい効果が薄れてしまうので注意してください。

投稿日: